交通違反しないためのポイント

車は徒歩では実現不可能な速さで、現地まで移動する手段として活躍してくれますが、大きな鉄の塊が走行するのですから、ひとたび事故を起こせば、目を覆いたくなるほどの大惨事になることも、あり得なくはありません。そこで生まれたのが道路交通法といった、法律になります。法を違反すれば、警察に捕まり、罰金を科せられたり、最悪の場合には裁判に出廷したり、服役しなければならなくなります。

 
このような交通違反をしないためには、第一として道路交通法をきちんと理解してから、法律に従って運転することが大切です。
あまりにも当たり前な常識ではあるものの、意外にも守られていないケースが多々ありますので、自分自身の運転技術や思い込みにうぬぼれることなく、たまには道路交通法の復習をするなどして、運転するよう心がけましょう。

 
さらに、飲酒についても注意する必要があります。近年、飲酒運転に対する取り締まりの強化が進み、飲酒運転をする人が減ってはいますが、飲酒をすると理性が失われるほど、酔ってしまう危険な人がいます。このような人は周囲がとめても車の運転を強行することが多くあります。お酒に対する抵抗力を持たない人は、飲酒を控えるだけでも、違反をする確率が劇的に減ります。ドリンク01