必ず受講!一般人運転者講習とは?

免許を更新する際、必ず受ける事になるのが、講習です。
講習は、4つの種類があり、どの講習を受ける事になるかは、それまでの実績によって変わってきます。
免許の取得後、最初の更新の際、無事故無違反、もしくは軽度な違反が1回以内の人が受けるのが、初回更新者講習です。
その後の講習は、違反の状態によって変わってきます。
5年間、無事故無違反の場合、その後は、優良運転者講習になります。
5年以内に、経度な違反を2回以上、もしくは経度にあたらない事故や違反をした場合、違反運転者講習となります。
そして、5年以内に軽度な違反を1回だけした場合、一般人運転者講習となります。
この際に、覚えおきたいのが、5年という期間の考え方です。
現在、5年間無事故無違反の優良運転者は、免許の更新が5年おきになりますが、それ以外は3年で更新となります。
講習を受ければ、そこで違反や事故は過去のものになると考える人も少なくありませんが、違反後の講習を受けても、次回の更新から数えて、その違反が5年以内に含まれる場合は、5年以内に違反があったという事になり、再び一般者という扱いになります。
免許更新の際の講習は、違反の回数や時期によって変わってきます。

Comments are closed.