交通違反の基礎知識

自動車やバイクなどを運転している際に、道路交通法などの交通法規に違反してしまった場合、反則点数の加算や反則金の支払いを命じられることがあります。
交通事故や交通違反などを起こしてしまった場合には、その事故や違反内容に応じて、違反点数が定められています。
過去3年以内に加算された違反点数が合計され、一定の点数に達すると、違反者講習の受講義務のほか、一定期間の免許停止・免許取り消しなどの行政処分が課せられます。この違反点数は運転免許取得時は0点ですが、違反などを起こした際に、その内容に応じて点数が加算されていきます。
なお行政処分の基準点数に達していない場合には、その後1年間以上にわたって無事故・無違反なら、その違反点数は加算されません。さらに運転免許の停止処分を受けて、その処分満了後から1年以上、無事故・無違反なら、行政処分前歴は0回に戻ります。
またスピード超過や追い越し違反など、違反点数の加算に加えて、反則金の支払いが定められているものがあります。
これらは本来は刑事罰の対象になるのにもかかわらず、違反内容が軽微なため、反則金制度によって刑事罰が免除されているに過ぎません。
運転免許証を取得したときから、安全に運転する義務を課せられているということをよく認識し、違反対象にならないよう注意したいものです。

Comments are closed.