免許停止処分の講習会の役割

運転免許を持っている人が、車などを運転している時に交通違反を起こしてしまった時は、反則金とともに「違反点数」が加算されます。これは、交通違反を犯した際に違反の度合いによって加算されるものです。そして、この違反点数が特定の基準まで溜まってしまうと、免許停止の処分を受けることになります。その基準とされる点数は「6点」で、何度も違反を重ねてしまい、違反点数が6点になってしまうと免許停止となります。免許停止処分者講習は、運転免許の停止処分を受けた人が任意で受けることが出来る講習です。通常免許停止の処分を受けると、30日から180日間は一切の運転が出来なくなりますが、この講習を受けることで免許停止の期間を短縮することが出来ます。また、この講習はあくまで任意のため、必ず受けなければならないものではありません。この講習を受けなくても、免許停止期間が過ぎてしまえば再び運転が出来るようになります。しかし、ドライバーなど職業上運転が必須である人の場合は、仕事に大きな支障をきたすため、事実上受講が必要不可欠であると言えます。そして、この講習は免許停止の期間によって3種類に区分されており、短縮される期間や講習時間、費用がそれぞれ異なります。

Comments are closed.