取り消し処分者講習の内容とは?

普通自動車免許を取得した際にも注意されますが、運転免許証の書き換えは特に注意が必要です。免許証の書き換えは初心者の時、ブルー免許、ゴールド免許で変わってきますが、3年、5年と人によって期間が違います。特にゴールド免許からブルー免許に変わった場合に書き換え期間が短くなったことを忘れていたという方も多いようです。このような場合、うっかり失効として取り消し処分者講習を受けることで免許が復活することが多いですが、出来る限り、適正な期間で更新をすることが大事です。免許の取消は各種違反の結果ですが、講習を受け、罰金を支払うことで復活するという方も少なくありません。取り消しになる方で多いのがスピード違反、酒気帯び運転、人身事故などです。これらは1回目の処分から重く、取り消しと罰金となることが多いようです。人身事故の場合は死亡者を出した場合などでは勾留も行われることがありさらに重くなります。免許は取得に時間と手間とお金がかかっていますが、失うときにも同じように多大なコストを支払うことになります。事故は自分だけでは防げないことが多いですが、スピード違反などの各交通違反は自分がしっかりしていれば守れますので日頃から安全運転が大事です

Comments are closed.